西宮市・神戸市の外壁塗装、屋上防水、雨漏り修理ならペイント工房
無料相談診断
お問い合わせ

スタッフブログ

  •  
  • 外壁塗装の役割は?

    2021.11.22スタッフブログ

  •  
  •  

皆様こんにちは。

ペイント工房 神戸北店の上野でございます。

本日は、外壁塗装は何のために行うのか、どんな効果を得られるのか、そして後回しにするとどうなるのかなどお話したいと思います。

西宮市の無料診断

外壁塗装の役割

1.美観

外壁を塗り直すことで、家は新築同様、またはそれ以上の見た目になります。自分好みや流行を取り入れたデザインにすることで愛着もわきます。

2.耐久性向上

塗料が壁面を保護し、外壁の耐久性を向上させてくれます。家の外壁は、雨や風、紫外線などに常にさらされています。外壁材をコーティングすることで、部材の劣化を防ぎ建物全体の寿命を延ばすことになります。

3.防汚・防水・断熱・遮熱

塗料がもつ機能によって家の快適性を高めることができます。

塗料の機能にはまず、防汚・防水機能が挙げられます。防汚性は外壁が汚れにくくなり、美しい壁面を長く保つことができます。また、防水性は雨水や湿気を防ぐことができます。

断熱・遮熱の機能を持つ塗料を選べば、室内の温度上昇・低下を軽減させることができるので快適さが増し、エアコンの使用頻度を抑えることにもつながります。

外壁塗装を後回しにすると・・・

建物は日々、紫外線や雨風にさらせれています。塗料で外壁材や屋根材が守られているうちは大丈夫ですが、塗料が剥げたり、経年劣化で塗料の機能が低下することによってひび割れする可能性が高くなり、そこが雨漏り、躯体の腐食、シロアリの原因になります。

塗装の劣化は家を劣化させ、被害を深刻化します。外壁塗装は、家の定期検診のようなものと言い換えても良いかもしれません。

外壁塗装をする際には、外壁材やコーキングなどの状態を確認しますので、その時に雨漏りしそうな部分を見つけ、修理できるかもしれません。実際、塗装前の診断で外壁材の不良が見つかることも多いのです。

その機会を逃すと、気づかないうちに雨漏りする箇所が増え、躯体が腐ってくるかもしれません。そうなると、塗装で雨漏りを止めることができないので、大掛かりなリフォームが必要になり、費用も外壁塗装と比べ物にならないくらい高額になってしまいます。

外壁塗装の一般的な目安は、10年に一度ぐらいおこなうものとされています。それは、外壁材に塗装されている塗料の防水機能が10年くらいでなくなってしまうからです。窯業系サイディングの防水機能も10年ぐらいが目安です。

ただ、家の周りの環境は一軒一軒異なるので、自分で外壁の状態をチェックすることも大切です。

主な劣化の症状

  • 変色・退色
  • ひび割れ
  • チョーキング現象(外壁を指で触るとチョークの粉のような白い粉が付着すること)
  • 塗装の剥がれ・膨れ
  • コケ・藻・カビ・サビが見られる
  • 目地(コーキング)の割れ

これらは建物が発している劣化のサインです。当てはまるものがあった場合、業者に相談してみましょう。

外壁塗装は、お住まいの美しさを保つだけではなく、毎日の紫外線や雨から建物を守ってくれます。ですが、塗膜の寿命は永遠ではないので、定期的な塗り替えを行い大切なお住まいを長持ちさせましょう。

ありがとうございました。

ページのご案内

塗装以外のサービスも安心してご依頼下さい

お待ちしています
お待ちしています リフォームローン

塗装に関することや、リフォームもお気軽にお電話ください!

無料診断・ご相談

9:00〜20:00

[受付時間]9:00~20:00 年中無休(GW/夏季/年末年始を除く)
塗装・リフォームもお気軽に